未分類

豆まきのお作法

いよいよ今週末は『福はうち祭』です!

新年最初のイベントで、只今いろいろと準備を進めております♪

福うち祭

 

毎年恒例となったこのイベント、ご来場記念品も毎年恒例、宮地嶽神社の福豆です!

 

マメ

 

縁起の良いお豆で福を呼び込んでいただこう!ということで、福豆を来場記念品にしているのですが。

皆様、2月3日の節分、どういう風に豆まきされてますでしょうか?

なんで豆をまくかご存知ですか??

福豆をお渡しする時に、節分の説明や豆まきのやり方なども一緒にお渡しいたしますので、お楽しみに!

 

しかし、来られない方のために、ここでカンタンに【豆まきのやり方】をお伝えいたしますね。

 

【豆まきのやり方】(高島易断より)

 

◆豆まきの大豆は必ず炒ってから升に入れ、神棚に上げておきます。炒り豆を使うのは、生豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出て、払った邪気が根付いてしまい縁起が悪いことと、「炒る」が鬼を「射る」に通じるためです。

 

◆升に入れた豆を手にして、玄関や各部屋をまわります。部屋では外に通じる窓やドアを開け、「鬼は外、福は内」と二回ずつ繰り返し、豆をまきます。

 

◆豆をまき終えたら、鬼を家から閉め出し、福を逃がさないために、すぐに窓やドアを閉めます。

 

◆豆をまき終わったらみんなで豆を食べます。年齢(数え年)の数の豆を食べて一年の無病息災を祈りましょう。

 

 

どうですか?

皆様、知っているようで知らない豆まきのやり方ですよね!

今年はぜひ正式な豆まきのやり方で豆をまいてくださいね!!

 

 

今年も良い一年になりますように!

 

 

地域密着営業だからしつこい営業はいたしません!ご相談、お問い合わせはお気軽に!地域密着営業だからしつこい営業はいたしません!ご相談、お問い合わせはお気軽に!

このページを共有しよう!